2019年11月01日

[vol.58]夕日

上る朝日や沈む夕日を一つの景色として見ることはあまりないが、沈む夕日をみることだけを目的にした小旅行をしたことがある。

古い話だ。1990年代初頭の夏、ギリシアに滞在していたとき、アテネからバスで南下しアッティカ半島突端のスニオン岬まで行った。そこに建つポセイドン神殿から西の彼方に落ちる夕日を見ようというのである。エーゲ海の夏は日が長い。陽は午後8時過ぎにやっと落ちる。ポセイドン神殿の石柱に、ギリシア独立戦争時イギリスの詩人バイロンが書き付けた落書きがあると聞いていたが、神殿は封鎖されていて中へ入ることができず、確かめようがなかった。神殿の西側から真っ赤に燃えながら沈みゆく太陽を見た。

それと同じ沈みゆく赤い太陽を淡路島の南西部、慶野松原で、つい最近見た。
もう秋である。日の入りは早い。6時前だったろうか。夏には海水浴客でにぎわったはずの砂浜から四国北部と思しきあたりの海づらに落ちてゆく大輪の赤光を見た。

スニオンのときは愚妻と愚息二人と一緒だった。落日には早すぎる午後、岬の下の海でひと泳ぎし、それから岬の上の神殿まで上ったのである。
慶野松原では、愚息らは遠く東都に出ていて帰らず、愚妻と二人で見た。
「スニオン、憶えているかい?」と訊いてみたら「憶えてる」と言った。

あのときは落日を見届けたあと、またアテネまで取って返したが、宿に着いたのはもう10時を回っていたのではなかったろうか。
淡路では慶野松原の松林の中に宿があった。陽が落ちて暮れ始めたころ夕食をとる。豊富な海鮮料理のほかに、珍しやスペイン風「パエリャ」が出て、白と赤のワインとともに食す。

翌日は同行した仲間たちと鳴門まで下り、まず海から渦潮を見、大塚美術館で泰西名画(陶製)を鑑賞する。晴天。人多し。市内の寿司屋で昼食をとったのち散会。

スニオン岬のポセイドン神殿は、海ゆく民を守る神ポセイドンの名にたがわず、月光を浴びて白く光るその石柱が灯台の役を果たしたと伝えられる。
わが淡路島は謎の歌人源兼昌によってこう詠われている。

  淡路島通う千鳥の鳴く声に
   いく夜寝ざめぬ須磨の関守り
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: