2019年03月15日

[vol.43]辻原登を読む

いま辻原登の短篇集『不意撃ち』(河出書房新社)を読んでいる。辻原作品とはこれが初見参だ。

仲間三人と「木曜会」という読書会をしている。漱石の作品を読む会である。だからというわけで漱石山房の「木曜会」をわが集会も僭称している。以前にも書いた(かもしれない)が、会員は現在のところたった三名。会長は魯迅研究者にして作家たる仁――老いてなおその精力は衰えず、最近も『孔子と魯迅』(筑摩選書)なる著作を上梓した――そして漱石好きである。その指導よろしきを得ながら、漱石の作品をひとわたり読み進めてきた。そのちょっとした休憩時間に別の何かを読もうと捜し廻った結果、辻原の最新作品と相成った。ちなみに辻原は上記の魯迅研究者兼作家氏の古い知人である。少年辻原に漢文の手ほどきをしたことがあるという。

その辻原の最新作品集『不意撃ち』を携えて京都まで行って来た。東山五条を清水の方へ上がりかけたところに、「坂のホテル京都」がある。出来て1年ほどの新しいホテルだが、淡路島の有名ホテル「ホテル・ニュー淡路」の姉妹ホテルであるせいか、魚介類の料理が京都にしては新鮮で美味い。われらは合計11名という人数だったし、祝い膳(男性一人が喜寿、女性一人が某句会で県知事賞受賞)も兼ねていたので、敷地内の別棟に宴席を設けてもらった。これが良かった。食後、木屋町五条まで二次会に繰り出したのはいつものとおり。

翌日も好天。ホテルからブラブラ歩いて建仁寺に詣で、俵屋宗達の「風神雷神図」、法堂の天井画小泉淳作「双龍図」などを見る。そのあと京阪電車で四条から丸太町まで行き、河原町丸太町のつけ麺処「MARUTA」で昼食。愚息の友人が脱サラして始めた店である。高校大学とラグビーをやっていた男だからか、全日本級の選手もよく立ち寄るようで、店の壁にはジャージなどの記念品がさりげなく掛っている。

持ち出しては来たものの、『不意撃ち』の読書は進まない。五篇の短篇を収録した一冊だが、初出はいずれも「文藝」、「新潮」、「すばる」など名の通った文芸誌に掲載されたものである。といって肩ひじ張った深刻な文学作品、ではない。『いかなる因果にて』は手軽な小旅行の記録に過ぎない。『渡鹿野』は巷に蠢く庶民の生活報告、それもまとまりに欠ける中間小説としかいいようのない一篇。ただ前者では同級生の中学時代をめぐる回顧譚の中に南紀新宮あたりの名所とか音楽評論家吉田秀和の墓とかを埋め込み、後者ではデリヘル稼業従事者のあざとい日常生活の中に「梅川」なる言葉を書き込むことによって近松の『冥途の飛脚』の遊女梅川や40年ほど以前に起きた大阪の三菱銀行北畠支店銃撃事件の犯人梅川昭美を想起させるという仕掛けを施す。それによって、これは単なる読み物以上の文学的あるいは社会派的視点をも有するものと装ってはいる。が、そこに人の世を透視するような深みは、残念ながら無い。

辻原は芥川賞をはじめ著名な文学賞を軒並み受賞している人気作家だが、賞は決して重荷にならない、いや無駄ではない――といえるだろう。性風俗業界に取材した中間小説でも、旅日記に私的回顧譚を織り交ぜたルポでも、名だたる文芸誌が三顧の礼をもって迎えてくれるのだから。夏目漱石が真の国民作家となるために求められるのはこの手の観察眼と取材力だった、といえるかもしれない。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: