2019年02月01日

[vol.40]初詣

大晦日、テレビの画面では紅白歌合戦が終わり、各地の寺院の除夜の鐘が中継され始めるころ、年越し蕎麦を食べ、家から5分の横屋八幡神社へ初詣に出かける。

先日来の寒波も和らぎ、日和もよろしく、参詣してみれば、参道にはすでに3、40名の参拝客が列をなしている。以前は列をなすほどの人影はなく、並ばずとも参詣してお神酒をいただき、境内で焚く焚火に凍える手を翳したものだが、この変わりようはどうだろう。町内の住民に近年特別に信仰心が芽生えたわけでもなかろうに。

横屋(村)という地名は16世紀末の古文書にも出て来るというが、先の大地震後の復旧工事中に古代の甕棺が出土したというから、この辺り一帯は古代から人々の住むに適した土地だったのだろう。近世には海ぎわに多数の酒造り屋が集まって、灘五郷の内の魚崎郷、御影郷を形成していた。いまでもその盛業ぶりは変わらない。

待つことしばらくして拝殿に進み、いつものように手を合わせた後、おみくじを引き(末吉を確認してから)、お神酒と、それに甘酒も欲張っていただく。日頃生活の中ではもう経験することの無くなった焚火がバチバチとはじけて燃えるのを懐かしく耳に聞く。

子供らが小学生の頃は一緒に参詣したものだが、すでに親離れした彼らはいい歳をしているのに、カウントダウンに加わるのだと言って早くから三宮まで出掛けてしまった。それもよし。カウントダウンといえば、老生もかなり前にマドリードのソル広場で詰めかけた市民に混ざってワインの瓶を片手に騒いだことがある。フランコ政権の末期の頃で、思い返せばいまの息子たちと同じくらいの年齢だった。

神戸市民が初詣に向かうのは生田神社、湊川神社などが主なところだが、わが故郷では吉備津の稲荷神社が有名だった。ただし老生はそこに参詣したことはない。いつも住まいに近い東山の玉井宮が参詣先だった。正月早々から人波に揉まれるのはよしとしない。元旦の雑煮を済ませた後、小さな書斎の陽だまりのなかで、書物を広げるのが最も好ましい。

いま読んでいるのは夏目鏡子述松岡譲筆録『漱石の思い出』(文春文庫)である。木曜会という名目で仲間と漱石の読書会をしているが、無数にある評論(漱石論)の類は、老生は一切読まないようにしている。作品そのものだけに直に当たりたいからである。漱石の全集版の各作品に付いている小宮豊隆の解説も読まない。前掲の『漱石の思い出』も読むつもりはなかったが、次の木曜会で取り上げる予定であるので、仕方なく読んでいる。しかしこれはこれで面白い。『明暗』の冗長さを病魔との関係でどう捉えるか、言ってみれば、作品の出来具合と作者の私的生活とを何處まで関連付けて考察してよいか、これは作品評価の上で大きな問題となる。ギリシア悲劇のような古い時代の作品の場合、作者に関する情報はどんな片言隻句でも珍重するものだが、考えてみればそれが作品の真っ当な評価に繋がるか否かは、実は疑問なのだ。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: