2019年01月15日

[vol.39]忘年会

師走である。師が走る季節である。当方は、しかし5年前に退職したから、もう走る必要がなくなった。とはいうものの、それなりに忙しいことは忙しい。その点は以前と変わらない。ただ無暗にあちこち走り廻らないだけである。

中旬に3日連続して忘年会があった。その1。JR神戸線に甲子園口という駅がある。
駅南口にちょっとした商店街があり、その中に「えんぐち」という居酒屋がある。愚生含めて3人、耄碌三銃士が寄って飲んだ(ダルタニヤンは欠席)。極小規模の忘年会である。いずれもかつて同じ職場にいた者同士、時々寄って無事を確かめあう仲である。居残って威張り続けている元の上司をさんざ腐して酒のアテにし、バイトの男子が某大学野球部の投手だと聞いて、いずれ甲子園で勇姿を見せろと激励(!?)する。

翌日は阪和線で一路和歌山へ。かつて部長職を務めていた県立医大ヨット部の追いコンに参加する。場所はJR和歌山駅前の居酒屋「梅屋」。OBその他を入れて総勢30余名が集う。部員集めに苦労した昔とは隔世の感あり。当時主将として部を引っ張っていたのが、いまや南和歌山医療センター院長になり、和歌山県セーリング連盟の会長になっている。現部員に、近い将来オリンピックに出場しそうなのが男女一人ずついるという。楽しみである。追い出されてゆくのは4人。来春3月にはその4人全員が和歌山の地を離れるという。その身はいずこにあろうとも6年間馴染んだ和歌浦の爽やかな水の感触は忘れることはあるまい――そんな餞(?)の言葉を贈る。家に帰り着いたら12時を回っていた。

引き続いて3日目は大阪梅田の北新地。例の「阪神教育問題懇談会」の忘年会。処はいつもの「ふ留井」。ひとり(酒豪のスペイン演劇研究者)はよんどころ無い用事で名古屋まで出掛けて欠席だが、残りの4名がそれでも賑やかに甲論乙駁し、また麗しき熟女の女将と大阪漫才を繰り広げながら今年を締めくくる。いつもの献立に加えて本日の一品はオコゼの煮つけ。一同満足の内に酒が進む。

忘年会も3日連続となると、老体にはさすがに応える。それでも若い学徒との交歓には老醜の身を一瞬若返らせる魔力があるし、教育問題懇談にかこつけて昨今の巷の弊風を嘆じて声高めれば、身の内に籠り胸塞がらせる雑念も吹き払われて身も心も軽くなる。この効用のあらばこそ年末には師も、いやそうでない者も、同憂の士を求めて走り回るのだ。

年の瀬30日には餅つきに誘われている。秋にギリシア悲劇『メデイア』を上演した劇団「清流劇場」の毎年恒例の行事である。メデイアが舞台上でむしゃむしゃ食べたのはホットケーキだったが、いやそれはそれとして、この年忘れ餅つき大会には万障繰り合わせても参加せねばなるまい。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: