2018年10月15日

[vol.33]酒は伏見の

内田百閧ュらいになると借金の話も名随筆の素になり盛名の礎となる。富家に生まれながら今は零落の身、というその変転がまた一種の薬味ともなっている。
貧乏人の小倅が貧窮の身を嘆いても、表向きは同情されこそ面白みはない。せいぜい唾棄されて終りである。とはじゅうぶん承知の上ながら、「貧」についてちょっと書いてみる。

学生時代、同級生は地方の公務員、教員、中小企業の勤め人、百姓の子供というのが多かった。皆、おおむね貧乏で僅かの仕送りと奨学金で遣り繰りし、足らぬところはアルバイトで凌いでいた。まずは家庭教師、少しまとまった金が欲しい場合は肉体労働。後者の場合は大学の学生課ではあまり扱われない。

百万遍にその種の斡旋所があった。友人の一人はそこの紹介で太秦の大映の撮影所へ出向いて稼いでいた。藤村志保、市川雷蔵(眠狂四郎)、上田吉二郎(黒沢の『羅生門』以後は各種映画の悪役で一世を風靡した)らとの交流(!?)を、あとになってだが、面白おかしく語ってくれた。

錬金術、その1。学生票を1,000円に代えること。
大学の学生課で学生票と引き換えに仮学生票を発行してもらい、それを第一勧銀百万遍支店の窓口に持参すると1,000円貸し出してくれるという粋な制度があった。
あるときそうして得た1,000円で叡電の定期券を買おうとしたら、窓口で本物の学生票でないと発券できないと断られ、その後しばらく叡電を呪詛し続けたことがある。

錬金術、その2。本屋に質入れ。
デニストンといえばわかる人にはわかるが、古代ギリシア語を読むのに使う辞書のような参考書がある(デニストンはその著者の名前である)。それを今出川通りの理学部近くにあったM書店に持ち込むと、定価3,000円の本で1,000円貸してもらえた。質草をデニストンにしたのは、たまたま所蔵していた書物のなかで一番美装で高価であったからに過ぎない。お蔭でギリシア語を読むのに苦労した。
その1,000円を握って、百万遍の居酒屋で一合60円の酒を飲んだ。デニストンは机上で使うより質蔵にあるほうが長かった本だが、いまでもわが茅屋の書架のどこかに隠れているはずだ。

宿直というバイトもあった。後輩の一人が川端通りの府の土木事務所に泊まり込んでいた。全学連とか中核とか民青とかという言葉が飛び交っていた頃で、大学が封鎖され、長いこと全学休講になった。その間、学生たちはデモの合い間に読書会、研究会などを立ち上げたりしていた。「せっかくだからギリシア悲劇でも読もう」と、週に一度後輩の居るその土木事務所へテクストをもって通った。夕方から2時間ほど読み合わせをしたのち、近所の酒屋で買い込んだ酒をスルメを齧りながら二人で飲んだ。酒は伏見の「明ごころ」。二級酒で一升800円だった。酔余、出町柳駅まで歩き、最終電車で比叡山麓の上高野まで帰った。

モノはソポクレスの『アンティゴネ』だったが、どうしてだか最後まで読み切らぬうちに授業再開となった。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: