2018年09月01日

[vol.30]貴船詣で

酷暑のなか、誘われて貴船まで行って来た。目的は涼しい川床で夏の料理を楽しもうということである。道中は運転手付きの涼しい車内、好きな時に缶ビールで喉を潤すというのだから、贅沢ここに極まる。

京都に入ってまずは東山の将軍塚(青蓮院門跡)へ上り、塚のほとりの東郷元帥手植えの松を見、展望台から遥か下方の御所、鴨川堤、吉田山、黒谷の緑を遠望する。市街は暑熱の温気にぼおっと霞んでいる。

山を降りて八坂神社横の「ゆずや」で昼食。岡崎へまわり、国立近代美術館で「横山大観展」を見る。以前に見た山陰の足立美術館所蔵のもののほうが良かったような気がするが、どうだろうか。

炎熱の市街地――東山通りには着物(浴衣)姿の外国人観光客多し。暑いのにご苦労様――を北上し、上賀茂神社の脇から貴船へ入る。

貴船は初めてではない。京都在住の頃は専ら叡電を使い、出町柳から宝ヶ池を経て貴船、鞍馬へ入った。新緑や紅葉の頃が多かった。鞍馬から木の根道を通って、山越えで貴船に降りたこともある。その頃は、車や観光バスなどを使って来る者は乱暴者、不粋者と軽蔑したものだった。貴船駅で電車を降りて、あとは歩くのが作法(のつもり)だった。

貴船に着く。車に付いている寒暖計によると市街地と5℃も違う。貴船神社本宮から奥宮まで詣でたあと、料亭「ひろや」へ上がる。いや、正確に言うと下がる。川床に降りるのだ。5時という早い時刻のせいか、客の姿はちらほら。それが次第に増えてくる。舞妓姿が二人見える。祇園くんだりから、まあ、ようお越し。

料理が運ばれてくる。かくべつ珍しいものはない。季節らしくハモの湯引きが申し訳程度。いかにも山中らしくどす黒くなったマグロの赤身に興ざめする。そして鮎の塩焼き。これはよし。合せる酒は、その名も「源義経」(キンシ正宗酒造)で、これは場所柄にピタリ。

床下を流れる水音。ときおり聞こえるのは河鹿の鳴き声か。見上げる空には川幅いっぱいに対岸の樹木が枝葉を張り出し、夕映えを閉ざす。もうすぐ宵闇が濃くなれば、この辺りまで鞍馬の天狗一族が出張ってくるにちがいない。その薫陶を受けた牛若丸は、やがて源家の若大将義経として西海の戦場へ赴いたのだった。
牛若袂に縋り給へばげに名残あり
西海四海の合戦と云ふとも
影身を離れず弓矢の力を添へ守るべし
頼めや頼めと夕影暗き 頼めや頼めと
夕影鞍馬の 梢に翔って 失せにけり
(謡曲「鞍馬天狗」)

滞留3時間。8時に腰を上げ、瀬音をあとに南下する。

昔、学恩を受けた諸先生は夏になると京都の町の炎暑を避けて遠く信州まで仕事の場を移しておられたが、いや、近郊にかように涼しい奥座敷があろうとは!洛外にかほどの別天地をもつ都びとの、なんとも羨ましきことよ。
ただ――観光地化、俗化の傾向はとみに進んでいる、この貴船も、残念ながら。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: