2018年08月15日

[vol.29]捜す

必要があってものを捜しはじめるが、たいてい見つからない。本の場合もそうである。「あ、あれは持っている、捜せば出てくる」と思って捜しはじめるが、なかなか出てこない。どこかにもぐり込んだとみえる。

わが茅屋は小さい。わが居室は狭い。そこに所有する本の全てを放り込んでいる。壁際の本棚だけでなく机上、机下にも積み上げている。といって筆者は蔵書家ではない。ないが、本というものはいつの間にか溜まってくるものだ。稀覯本の類はない。おおむね必要に迫られて求めたごくふつうの市販本である。それでもぜひ読みたいと思うものがあって書架のあるべきところに当たってみると、ない。どこかに仕舞い忘れたのだ。捜索をはじめる。机の下までひっくり返すが、みつからない。

種村季弘という男がいた。ドイツ文学者だったが、それに加えて一種独特の評論活動によって広く世に知られた。一種独特というのは、取り上げる題材が主としてドイツ文化圏の綺譚――魔術師、詐欺師、山師、錬金術師、怪物、吸血鬼、奇人などにまつわるいかがわしくも魅力的な話であるからだ。

その種村の編集による「日影丈吉選集」(河出書房新社、1994〜1995年)が5巻本で出ている。種村と日影、一見妙な取り合わせにみえる。日影は戦前のアテネ・フランセでフランス語、ギリシア語、ラテン語を学び、フランスに渡って料理修行もしたらしく、帰朝後に料理界で名を売った人。作家としては端正なモダニズムの作家という印象があるが――ジョルジュ・シムノンのメグレものの翻訳もある――、作品は土俗的な民話を主題としたものがけっこう多い。このあたり種村と通底するものがあるのかもしれない。その5巻本の第4巻が、どこに紛れ込んだのかみつからないのだ。それで困っている。

日影丈吉をいったいいつごろから読むようになったのか。初出の発表誌が「宝石」、「推理ストーリー」、「オール読物」などだから、これまであまり馴染みがなかった。また種村の好む民話や土俗的な素材にも、さほど関心があるわけでもなかった。ただ中に戦前の台湾を舞台にした作品がいくつかある。おそらく作者日影が軍隊時代に駐留していた植民地台湾での生活体験によるものだろう。これがおもしろい。

植民地文学というジャンルを立てるとなると大げさであるし、日本文学の中にはたしてその名に値するような作品群があるかどうか疑問でもあるが、日影が台湾を舞台に描いた作品には植民地台湾における現地人と日本人、と言ってもこの場合は日本軍の兵士たちだが、その両者の交流の様子がてらいなく淡々と描き出されている。

台湾は日清戦争以降50年間日本の支配下にあった。そしてその支配が比較的良好に推移した地域だった。太平洋戦争の末期になっても政治的軍事的情勢はさほど切迫したものではなかったようだ。『騒ぐ屍体』や『ねずみ』などを読むと、そうした中での現地人と駐留日本軍兵士とが織りなす人間模様が細やかに写し出されている。時に土俗性というフィルターが掛けられたりするが、根本のところは人間生活一般に共通する情念の迸りである。それはいまでも、またどこにでもあることだ。

自分たちとは違う異邦人の生活、異なる習俗にどう向き合うか、それを短期滞在者の手になる単なる報告に終わらせず、異邦の地に暮らす者の生活感が漂いはじめているかのように思わせる点が、悪くない。いや、しょせんは支配者の側の視点からの報告書に過ぎぬというなら、それはそれでよし、それでもこれは良質の報告書だろう。

地域の夏祭り見物の帰途、焼き鳥屋に寄る。焼酎の水割りを飲み、ネギマなどをつまむ。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: