2018年07月15日

[vol.27]南風

和田三造という洋画家がいた。その作品に「南風」と題された絵がある。代表作(少なくともその一)であると、筆者は思っている。制作されたのは明治40年(1907年)で、東京の国立近代美術館が所蔵している。夏になるとこの絵を思い出す。

漁船と思しき船の後甲板に4人の男が思い思いの格好でこちらを向いている。中央に立つ男は上半身裸で筋骨隆々たる胸と腕を見せ、頭に被った灰色の上着を風になびかせ、下半身には赤い布を纏っている。被った上着のせいで半分陰になったその目は前方を凝視している。あとの3人は座り込んでいる。手前の男は横向きで、日陰で暗くなった横顔を見せている。皆の背後に島影がある。海には白波が立っている。男たちは陽光と風を正面から受けている。南航する船、陽が踊り風がざわめく。夏である。

この絵の原画を見たのは6、7年前に姫路で催された「和田三造展」でだった。それまでは少年雑誌や絵画教科書に掲載された写真版でお目にかかっただけだった。
絵を見たり描いたりするのは、少年の頃から好きだった。家に画集があったわけではない。教科書や学習雑誌の口絵がその紹介役だった。総天然色の写真版の泰西名画である。年に何度か町のデパート5階の催し場にかかる地方巡回の絵画展――二科展とか光風会展なども少年の美術嗜好を大いに刺激した。学生時代には帰省毎に倉敷の大原美術館へ通った。当時、観覧者はまだ少数で、好きなだけ時間をかけて見ることができ、退館後は隣のツタの絡む喫茶店に坐って遠くの友人に絵葉書を書き送った、いずれはルーブルから書こうと夢想しながら。

少年は油絵の具が欲しくてたまらないのに手にすることができず、水彩絵の具を厚く塗り重ねて油彩画の質感を出そうと躍起になっていた。求める画材も川端に錨を入れた機帆船とか機関庫に出入りする蒸気機関車とかだった。夏草に機缶車の車輪来て止まる――という一句を知ってから機関庫通いは俄然意味のあるものとなった。

明治40年(1907年)といえば日露戦争直後である。日本は近代化が進み、世界の大国化を目指す途を歩もうとしていた。南進する船上の男たちは、といってその国運を背負っているわけではない。それをこの絵に求めるのは恐らく間違っている。男たちは明るい陽光と海原を渡る風を面に受けて船を進めているだけである。陽と風の恵みを海に生きる者なりに受け止めているだけである、力強く。そこには単純な力強さがある。ただその明るさの中に、国の明るさと時代の明るさをも、併せて感得できるといえるかもしれない。
姫路の展覧会場で求めた絵葉書の「南風」は、いまわが茅屋の書棚の隅に小さな額縁に収められて鎮座している。夏になるとそれを見ながらこの海はどこの海だろうかと思ったりする。瀬戸内の海にしては少し荒すぎるのだ。

今宵の晩酌は北海道増毛産の吟醸酒「國稀」。北海道に行って来た友人の土産である。
家人特製の山椒の実入りミソを添えた胡瓜と蛸の酢の物を肴にして冷やで飲む。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: