2018年06月01日

[vol.24]オペラ『カルメン』を観る

(NPO)ヴォイス・アーツ主催のオペラ公演、ビゼー『カルメン』を観た(4月30日、芦屋ルナ・ホール)。出演は関西を中心に活躍している歌手たち。昼夜2回公演で、カルメン役は森池日佐子と糀谷栄理子、ドン・ホセ役は小餅谷哲男と谷浩一郎というキャスト。指揮は井村誠貴、演出は田中孝弥で、田中氏からチケットを頂戴して駆けつけたという次第。

本邦で上演されるオペラ作品は数多いが、その中でも『カルメン』はとくに有名で歌われる曲も人口に膾炙しているものが多く、誰にも馴染み深い。原作はプロスペル・メリメ。
カルメンはセヴィリアの煙草工場で働く女工。ジプシー出身である。ドン・ホセは煙草工場の衛兵。彼は故郷に幼馴染の許嫁がおりながら、カルメンの魅力に惹かれていく。情熱的なカルメンはその奔放な振る舞いで、ホセだけでなく周囲の男たちを魅了していく。その中に闘牛士のエスカミーリョもいる。カルメンに翻弄されエスカミーリョへの嫉妬に苦しむホセは、最後にカルメンを刺し殺す。恋という情念が理性を乗り越える。
「彼(メリメ)の描いた主題は原始的な宿命的なpassionとénergieである」(杉捷夫)。カルメンしかり、ホセしかり、そしてマテオ・ファルコネ(仲間の掟を破った幼い我が息子を撃ち殺すコルシカ男)またしかり。

筆者が観たのは夜の部で、カルメンは糀谷栄理子、ホセは谷浩一郎。熱唱だったが、歌の末尾がはっきり聞き取れない個所があったのがやや残念(この点は他の歌手の場合も同様)。セリフの部分と歌の部分とが違和感なく繋がっていたのは、演出(田中)の努力の賜物か。ただセリフの部分はいま少し詩的に歌ってもよかったのではないか(これには日本語の訳文も大いに関係する)。糀谷、それに好演の上村(ミカエラ)の歌の高音の部がやや苦しげなのも気になった。

むかしハノーファーでモーツァルトの『魔笛』を観たことがある。シーズン始め(10月)で出演者も名人級が出ず、出来ばえもじゅうぶんなものではなかったが、それでも楽しめた。中休みになると観客は席を立ち、劇場内の一室で簡単な飲み物などをとる。そこに華やかな衣装に身を包んだ少女たちが両親に連れられて姿を見せ、談笑に加わる。社交界へのデビュウである。19世紀の西欧小説の世界が眼前に再現されたようで、これぞ古き良き慣わしかと嘆賞した。

オペラが日本社会へ取り入れられてすでに久しいが、それを取り巻く環境はいまだ厳しくまた淋しいものがある。つまりわれわれの社会に、日常生活の中に、それはまだじゅうぶん浸み込んでいるとは言えないのだ。ハノーファーの歌劇場で見かけたあの少女たちは、オペラという総合表現芸術が彼らの世界に、その日常の社会生活にきっちり根付いていることを示す一つの証左である。
オペラに限らずすべて藝術は受容し理解するだけでなく、生活の中で楽しむものでなければならない。オペラに則して言えば、日本社会でのそれは歌舞伎であるといえるかもしれない。ただし少し前までの。いま大阪・松竹座の新春公演に出掛けても単に「観て直ぐ帰る」方式で味気なく、つまらない。妙齢の振袖の手弱女たちはどこへ行ったのか。
いや、ルナ・ホールでも社交界にデビュウしそうな華やかに着飾った乙女たちの姿は、どうも見かけなかったように思う。
 
それはともかくルナ・ホールは、関係者を総動員したか、収容数700の全席満員、大盛況であった。推して知るべし、関西のオペラ界健在なりと。
終演後に知人二人と立ち寄ったのは、阪神打出のイタリア食堂「イル・サッチアーレ」。イカ墨パスタ、ピッツァ、イタリアビールとワインでカルメンを偲び、あわせてホセに惻隠の情を寄す。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: