2018年02月15日

[vol.17]和歌浦

漱石に『行人』という作品がある。大正元年12月から、病魔に襲われて一時中断しつつ、翌2年11月まで朝日新聞紙上に連載された。
作品は、全篇を通じて語り手となる「自分」が大阪・梅田の停車場で汽車を降りるところから始まる。以後、旧知の岡田に会ったり、友人三澤が病臥している病院を見舞ったりして、しばらく大阪の街の情景描写が続く。そのあと、退院して帰京する三澤と入れ替わるように母と兄一郎夫婦が西下して来、それに「自分」も同道して、物語の場は一挙に和歌山まで広がることになる。
これぞ新聞小説としては恰好の舞台設定かと思われたのも束の間、神経を病む兄一郎の奇妙な提案を受け入れた「自分」二郎は、台風の夜、和歌山市内の旅館に兄嫁直と一泊せざるを得ぬ状態になる。つまり話は兄一郎の神経衰弱の病状の描写報告に成り代わり、それが帰京後も続き、最後は兄の友人Hによる詳細な兄の病状報告というかたちになる。
一郎の神経衰弱は何に起因するのか。単に病理的なものなのか。何か社会的要因があるのか。権現様の境内で一郎は己の苦しみ(その一部)を二郎に吐露する、「直は御前に惚れているんぢやないか」と。続けて「ただ聞きたいのは、もっと奥の奥の底にある御前の感じだ。その本當の所を何うぞ聞かして呉れ」と言い、さらに次の日には紀三井寺の境内で、二郎と直の二人で和歌山市内へ出掛け、直の節操を試してくれと提案する。事は不倫という生臭い人間関係に発展しそうな具合になって来る。
しかし一郎と二郎、直の三人の関係が一郎の神経病みの単なる始まりすなわち病根ではなく、またその病のすべてでもない。それらを含みこんだもっと広範なものと暗示されるが、しかしそこには社会生活上に想定される何らかの外的要因は認められない。のちに提出されるHの報告では、一郎の苦悩はきわめて鋭敏な人間にのみ生じる特殊なものであるとしか解釈されない。そこでは社会的要因は、故意にか偶然にか、言及されていない。一郎は、いわば隔離病棟の患者であって、読者は遠くから「お見舞い」を申し上げることぐらいしか、対処の仕方がない。苦しいと言われたとて、どうにもしようがないのである。一郎の苦悩に共鳴し、その原因撲滅のために、一緒に戦おうという気持ちはとうてい起こり得ないのだ。二郎も困るし、われわれも困る。

漱石は明治44年の夏に関西へ講演旅行を行い、和歌山へも足を延ばし、おまけに台風に吹き籠められて宿泊していた和歌浦まで帰れなかったという経験をしている。この体験が『行人』で生かされた(らしい)ことは明らかだろう。
作中で一郎ら一行が和歌山の停留所(現南海電鉄和歌山市駅)から和歌浦まで乗って行った市内電車は、いまはもう無い。作中で一郎らが泊まった「望海楼」も無い。裏山の東洋一のエレヴェーターも無い。玉津島神社はある。一郎二郎兄弟が密談した場所、権現様(東照宮)もある。紀三井寺ももちろん健在だ。

その昔(といっても漱石の時代ではない。ほんの40年ほど前のことだ〉権現様の石段下にあった看護学校へ、週1回ドイツ語を教えに通ったことがある。授業後に玉津島神社のあたりまで歩き、その南の料亭「藤村」の喫茶部でコーヒーやビールを飲んだ。同行者は戦前の関学ボーイでシャンソンに造詣が深かったW先生(専門は心理学)。料亭の若女将(といってもまだ女子高校生)を前に、ほろ酔いの功徳で「ジャタンドレ」を口ずさんでみせてくれたりした。
夜の「藤村」は医学部本科の神経内科のたまり場とかで、教養部の講師風情にはとんと無縁だった。この店、いまも割烹「ふじ村」として健在である。むかしの女子高校生が立派な女将になっているはずだが、確かめたことはない。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: