2018年02月01日

[vol.16]旅宿の花

平薩摩守忠度は平家一門の武将、しかも本流も本流、清盛の弟に当たる。とはいえ生まれは紀州熊野川の流域の音川とされるから、単に柔和な都の貴族であったわけではない。富士川の戦い、倶利伽羅峠の戦いなど、源家との戦には幾度となく出陣し武名を挙げている。一方で、しかし彼は和歌の道に秀でた文化人でもあった。京の都で藤原俊成に師事して歌の道に励み、後世にその名を遺した。

栄枯盛衰は世の習い。驕る平家も久しからず。栄華を極めた一門も西の方壇ノ浦まで落ちてゆく。清盛亡き後平家一門の棟梁となった宗盛は幼い安徳帝を擁して都を捨て、西国へ落ちてゆく。
忠度も落ちてゆく。「淀の河尻」辺りまで行きしのち、侍五騎、童一騎、己を入れて計七騎、京の五条の藤原俊成邸へ取って返し、出迎えた俊成師に「秀歌とおぼしきを百首あつめられたる巻物」を託し、いずれ編纂される筈の勅撰和歌集への収録を依願する。
今は西海の浪の底にしづまば沈め、山野にかばねをさらさばさらせ。浮世に思ひをく事候はず。さらばいとま申て
(『平家物語(下)』忠教(度)都落、新日本古典文学大系、岩波書店)

馬上の人となった忠度は「前途程遠し、思を雁山の夕の雲に馳」と高らかに口ずさみつつ去る。

源平の争いが終わり世の中が静まったのち、勅撰和歌集『千載集』が編纂されたが、撰者俊成は忠度から託された巻物から一首を撰び、収録した。
さざなみや志賀の都はあれにしをむかしながらの山ざくらかな

しかし忠度は朝敵となった平氏一門、勅勘の身であるということで、その名は記されず、「読み人知らず」とされている。

昨年の年末、さる謡曲同好会の諸氏の喉を拝聴する機会があった。いずれも素人だが、長い人で10年以上のキャリアがある。そのなかに『忠度』を謡った人がいた(あとは『野宮』と『羽衣』)。
摂津の国、須磨の浦の桜の花の下、一ノ谷の合戦で討ち死にした忠度が旅の僧の夢枕に霊となって現われ、先に俊成によって「読み人知らず」とされたわが歌に作者名を付けてくれるようにと、俊成の子の定家への伝言を頼む。さらに坂東武者岡部六弥太忠澄との死闘および箙に結わえつけた歌一首によって身の上が明らかになったことなどを語って花の陰に消える(『謡曲百番』「忠度」、新日本古典文学大系、岩波書店)。
箙の歌は以下の通り。
行暮れて木の下陰を宿とせば花や今宵の主ならまし

武人という浮世の生業は一門の盛衰に翻弄されてはかなく消える。せめて歌人として末代にまでわが名を、わが生の証を残したいという、まさに執念のような強い思いが伝わってくる。
坂東武士岡部忠澄は平家の御大将を討ち取ったりと得意満面だったが、のちに己が在所深谷の清心寺に忠度の供養塔を建てた。心ある業である。
忠度と忠澄が組み討ちをした際、上になった忠度を忠澄の郎党が背後から襲い掛かり、忠度の右腕を切り落とした。それがため死を覚悟した忠度は西方へ向かい暫し念仏を唱えた後、忠澄によって首を刎ねられるにまかせた。その「腕塚」というのが神戸市長田区駒ケ林にある。地下鉄海岸線駒ケ林駅の近くである。
 
謡曲の会場から10分ほど歩いて鮨処「真砂」に上り、忘年と慰労の会を開く。それに参加して昼間から温かい鍋と清酒「白鶴」を戴く。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: