2018年01月01日

[vol.14]金沢で飲みつつ学ぶ

金沢が遠くなった。
特急電車で2時間半。だから道は決して遠くはない。ただ北陸新幹線の開通以来、なんとなく足が遠のく思いがするのだ。新幹線で東京から2時間半、東都の閑人階級が大挙押し寄せ、一段と観光都市化した。金沢にとっては好いことだろうが、こちらは困る。とにかく宿の確保が厳しくなった。それもあって、これまでは関西の奥座敷として心おきなく出かけられたのに、それがそうでなくなった。

新幹線で襲来する東夷に荒らされる前に、ということで、仲間4人と徒党を組んで出かけたのが3年前の12月。その中に金沢の名家出身の人間がいて、その顔でまず「つば甚」で夕食、そのあと香林坊のクラブで酒池(まで。肉林はナシ)、翌日の昼は小松弥助で鮨、という豪遊をした。

それでしばらくは足が遠のいていたが、つい先日、また金沢へ行って来た。3年前を思い出したから、ではない。

本邦に「日本グリルパルツァ―協会」と称する小規模な研究会がある。毎年1回12月に例会を開き、会員相互が研究報告をする。これまでは京都が会場になることが多かったが、今年(2017年)は趣向を変えて金沢で、ということになった。ちなみに今年の研究発表の題目を上げておこう。
@「セラピーとしての夢――カルデロン、グリルパルツァ―、ホフマンスタール」、
A「グリルパルツァ―と中世――自己省察としての中世理解――」。
なにやら難しい。

昼の部は石川四高記念文化交流館の1室で2時から5時まで開催。夜の部の会場は香林坊の酒亭「くぼ田」。四高記念館とは指呼の間である。出席者のほとんど(といっても約20名)がそろって第2会場へ移動する。

この「くぼ田」、格式から言えば居酒屋以上料亭以下という態、貧乏学徒には嬉しい場である。もちろん日本海の冬の味覚、ブリ、香箱蟹を適価で提供してくれる。酒は店名と同じ「久保田」以下、能登の地酒が何本も用意されている。その中に「獅子吼」なる銘のものがあるのは、昼の会場での論戦だけでは収まらぬ諸公よ、続きはこれを飲みかつ酩酊し、もって獅子のごとく吼えるべしとの(幹事の)底意ならむ。

さて、グリルパルツァ―とは何者ぞ。僭越ながら、19世紀のウィーンで活躍した作家、劇作家と紹介しておこう。短篇小説『ウィーンの辻音楽師』は本邦でもよく知られているところ。良家の生まれながら身を持ち崩して市井に隠れ住む老音楽師のはかない恋の思い出と死を描く。この作品、しばしば「哀愁を帯びた」などという形容辞をつけて紹介されるが、いや、作調はむしろ暗く、重く、やりきれない。同時代のフランス小説は、たとえ暗い主題でもエスプリが利かされていて、重く淀まない。ウィンナワルツはいかに軽やかに演奏されても、下町情緒を小粋に掬い上げるミュゼットのひと節には敵わないのだ。

「くぼ田」のあと、有志三人で近所の欧風食堂「る・まるす」で仕上げのビールを飲み、研究会終了とする。それでも12時前にはホテルに帰り着く。

ひょっとしたら雪に遭うかもしれぬと厚着をして出かけたのだが、一泊二日の両日とも予想外に暖かい日和だった。

街で行きかう人の中に幾度となく坂東訛りを聞きつけて、古都金沢もいまに東夷の大都の荒波にのみ込まれむと、余計な心配をしつつ大阪へ戻って来た。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: