2019年09月15日

[vol.55]かもめ

かつて俳優座や文学座といった在京の劇団が本邦の演劇活動、ひいては文化活動の一端を牽引していた、そういう時代があった。労演という文化組織の活動の波に乗って日本各地の劇場を巡演し、生で見る演劇の面白さを伝えてくれていた。

その頃の上演の演目はチェーホフが多かった――これは数的データによらぬごく私的な感想に過ぎないが――そんな気がする。『桜の園』や『三人姉妹』や『ヴァ―ニャ伯父』、『かもめ』などで、東山千栄子、大塚道子、宇野重吉などが活躍していた。

こうした演目がかかるのは、京都ではたいてい京都会館のシアターで、たとえば京大西部講堂の学生演劇とは違って舞台装置も俳優の所作も、また演出も、すべて一皮むけた洗練された味があるように思われた。プロだから当然といえば当然のことだったが。いま思えばチェーホフを観たり読んだりしながら、同時に、抬頭して来る新しい力に負けて衰退し没落していく古い階級古い世代の諦念やまた無為徒食のインテリの自虐を窺い知り、それを青春の壁にぶち当たって苦悩する自我の姿に自分流に重ね合せていたのだろう。身勝手なことこの上ないが、しかしいま読んでもチェーホフは身に沁みるところがある。

その頃だったか、知り合いの歌詠みの少女がとつぜん舞台女優になるといって上京した。それまでは女子高の文芸部で若者の感性を繊細に掬い上げた何首もの歌を発表していた文学少女だった。それが「わたしはニーナになる」と言って故郷を飛び出して行った。しかし一、二年して帰って来た。修業は厳しかったらしい。「あの世界はたいへんな競争社会」と漏らした、と伝え聞いた。そしてまもなくそれまで彼女に文化的刺激を与え続けていた(らしい)男性と結婚した、と伝え聞いた。

古代ギリシアの演劇界に女優はいなかった。女性役も男優が演じた。アンティゴネやパイドラを「演じてみたい」と思う少女がいたかもしれないが、演じた少女はいなかった。前4世紀の末の頃、アレクサンドロス大王の故地に近いアブデラの町でのこと、市民は真夏に上演されて好評を博したエウリピデス作『アンドロメダ』のセリフを毎日歌い歩き、冬になるまでやめなかったというが、その中には芝居好き文学好きな少女らもあるいは混じっていたのではあるまいか。

ニーナになると言いながらニーナになれなかったあの少女は今いずこ。トレープレフを密かに自認しながら短銃の引鉄を引き得なかった男はいまだ馬齢を重ねている。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む

2019年09月01日

[vol.54]台湾の風

台北の東呉大学外国語文学院修士課程で学んでいたN嬢が修士号を取得して帰国してきた。
郷里の金沢から台風一過後にぶり返した暑さの中、神戸まで報告に来てくれた、
「ふ―、暑い、台湾より暑いですね」と言いながら。

クーラーを浴びせるようにして汗を取らせたのち、愚妻と三人で予約しておいた鮨処「真砂」へ乗り付ける。午後三時、客の影はまだ無い。金沢も海の幸に恵まれた町だが、同じ海の幸でも瀬戸内海を控えた京阪神では夏はなんと言ってもやはり鱧にとどめを刺す。ということでまずは湯引きから始める。飲み物はビールで喉を潤したあと「白鶴」の冷酒を注文する。

「このあとはどうするの?日本へ帰るのか、それとも……」
「来年5月まで向こうにいます。日本語学校の教師を続けながら」
「それから?」
「どこか商社みたいなところがあれば……」
「中国語を生かせるような?」
結婚問題もある。急ぐこともないが、急がないわけにもいかない。
前回帰国したときは「東京で会わなきゃならないことになっていて」ということだったが、「その後いろいろありまして」いまは白紙です、と言う。いつの世もこの件だけは難しい。

刺身の盛り合わせやらカツオのタタキ、それも一段落して握りをつまんだりしているうちに夕刻となる。
珍しいことに知り合いが二組入ってきて「やあ、やあ」ということになる。盆明けの週末である。けっこう客が立て込んできた。

N嬢はなかなか行ける口である。それに合わせて盃を重ねるうちにこちらもほろ酔い機嫌になってきた。昼間から飲む酒はよく効く。8時前に腰を上げ、大阪のホテルに帰るN嬢を住吉の駅に送る。

久し振りに台湾の風に当たって気分は爽快。彼女と毎週顔を合わせていた教室がゆくりなくも思い出され、しかしそれで元気を貰う。

先般釜山まで船で旅をしてきたが、あれに台北までというクルージングもあるらしい。N嬢がまだいる間に台湾を訪れてみるのもいいかなと思う。日影丈吉の筆の跡をどこまで辿れるか不明だが、一番のお目当ては台南の高雄である。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む

2019年08月15日

[vol.53]『アルケスティス異聞』上演始末

劇団清流劇場7月公演『アルケスティス異聞』のシナリオ作成を担当した。その顛末を記しておきたい。

エウリピデスの『アルケスティス』(前438年上演)はサテュロス劇の代替品として上演された、すなわち上演4作品の最後4番目に口直しの小品として上演されたとしている。とはいえサテュロス劇(及びその代替品)がつねにコミカルな附録の小作品ばかりというわけでもない。けっこうシニカルな問題も扱われている。

ギリシアの小国ペライの王妃アルケスティスは夫アドメトスの身代わりとなって死ぬ。アドメトスの友人ヘラクレスがたまたまそこへ行き合わせ、葬儀の取り込み中にもかかわらず手厚い接待を受ける。事実を知ったヘラクレスは感じ入り、歓待のお返しに死神の手からアルケスティスを取り返してやる。
かくして大団円となるのだが、アルケスティスは死神に捧げられた身の浄めが済むまで三日間口が利けないことになっている。その三日が経つまでに、しかし劇は終わってしまう。「そりゃないだろう、三日後に彼女が何を喋るか、聞かせてくれ」と、客席の男たちは、いや女たちも、騒ぐ――はずである。

原作にはない三日後のアルケスティスの言葉と行動を「かくやあらん」と書き加えたのが『アルケスティス異聞』である。

死から甦ったアルケスティスはもうかつての彼女ではない。新しい生を求めて家を出る。そんな近代的な自立する女性をギリシア古典劇に唐突にくっつけてはならん、とお叱りを蒙るかもしれない。千秋楽のアフタートークの場でも客席からそういう批判の声が上がった。それじゃノラの二番煎じに過ぎないということだろう。
しかしアルケスティスはノラではない。前5世紀半ばにも「生きること」を始めた女性はいたはずで、なにもノラがその種の最初の女性ではない。むしろノラこそアルケスティスを模倣したのだ。付け加えれば、新しく出発する彼女に触発されてアドメトスも新たな生を生き始める――そういう状況を三日後の彼ら二人の前途に予想できる――『アルケスティス異聞』の異聞たるところはそこにある、と言っておこう。

古典は後世の各時代の吟味を受ける。受けてまたいっそう強靭になる。そしてその都度蘇生する。

ギリシア悲劇はオイディプスやメデイアやアンティゴネら選良のためにだけあるのではない。そこには死と生をめぐって罵り合うぺレスとアドメトスのような庶民の味が横溢する親子も居る。日常生活の足下にも悲劇は転がっている。
庶民は悲劇を言挙げしないだけだ。
posted by 出町 柳 at 10:00| Comment(0) | 読む・歩く・飲む